院長日記 folder 顔面神経麻痺

日常生活の中で、食べたり話したりしている時に、「どの筋肉をどうのように使って、この表情を作っている」と考えている人は少ないと思います。しかし顔面神経麻痺になり表情筋の動きがなくなると、そのあたりを少し知っておく必要があり…

続きを見るarrow_forward

顔面神経麻痺では急性期と慢性期で症状が異なります。 急性期には弛緩性麻痺による機能不全がおき、安静時に鼻唇溝が浅くなったり口角が健側に偏ったりします。顔の表情をつくろうとしても、思うように動かなかったり、まったく動かせな…

続きを見るarrow_forward

顔面神経麻痺の共同運動について

顔面神経麻痺の後遺症で多いのが共同運動です。 共同運動とは麻痺発症後3~4か月後からでてくるもので、口の開閉に伴い目が動いてしまうといったものです。 まばたきをすると口角があがってしまったり、「う」の口をすると目が閉じて…

続きを見るarrow_forward

顔面神経麻痺の検査

顔面神経麻痺の検査でENoGというものがあります。 エレクトロニューログラフィーと読みますが、麻痺の予後を調べるのに病院等で用いられています。ENoG値が41%以上であれば麻痺一ヶ月でほとんどが完全治癒し、21%以上であ…

続きを見るarrow_forward

顔面神経ってどんなふうに走っているの?

患者さんによく聞かれるので、顔面神経の走行を図にまとめてみました。 どこで障害されるかによって現れる症状は異なります。 表情筋の麻痺だけでなく、唾液や涙の分泌障害も出現するのは、顔面神経が運動線維のほかにも、感覚・副交感…

続きを見るarrow_forward