下歯槽神経麻痺(オトガイ神経麻痺)

下歯槽神経(オトガイ神経麻痺)

下歯槽神経麻痺(かしそうしんけいまひ)は、歯科治療や下顎の外科手術を行った際に偶然起きてしまう症状です。

下歯槽神経の走行と名前の変わるポイントです
下唇や下顎の皮膚、口腔内粘膜や歯茎に知覚異常を引き起こすものです。

知覚異常とは知覚の低下や鈍麻、過敏などのことで、触ってもわかりずらかったり、逆に少しの刺激でも強く感じたりします。

また、それに伴って二次的に会話や食事が不便になることがあります。本来動作は運動神経である顔面神経が支配していますが、下歯槽神経麻痺によって感覚が失われることで、センサーがなくなるため動作しづらくなるのです。

見た目には変化がないので他人にはわかりませんが、自覚的な不快感が強く、ストレスがとても大きくなります。

 

下歯槽神経麻痺の原因

  • 親知らずの抜歯後インプラントや抜歯後のオトガイ神経麻痺
  • インプラント治療をした後
  • 下顎の外科手術をした場合(美容等含む)
  • 下歯の神経の手術後
  • 良性腫瘍摘出などをした場合
  • 歯周病の治療後
  • 下顎を後ろにひっこめる手術した場合
  • その他

「麻痺がいつまでたっても治らない…」
「治るまでに何をすればいいの…?」との不安を訴えられる患者様が多いです。

下歯槽神経麻痺の症状

下歯槽神経麻痺の症状

  1. 知覚の鈍麻(触ってもわかりずらく、唇やオトガイ部の感覚が鈍い)
  2. ジンジンするような感じ(痺れたような感じがする)
  3. ずっとビリビリしている
  4. 痛みが出る(過敏なども含む)
  5. 下顎部分の硬さ
  6. 唇の動作がうまくいかない
  7. 会話しずらい
  8. 舌がしびれる(舌神経麻痺による)
  9. 熱いものを飲むと過敏になる

*神経損傷の程度によって症状は異なります

 

当院での鍼灸治療

 

下歯槽神経麻痺に対しての治療は、発症後3か月以内に始めるのがベストです。

通常は半年から1年以内の治療で回復するのですが、それ以上の期間が経ってしまった場合は、完全な麻痺以前の状態へ戻る方が少ない印象です。しかしながら治療を行うことで状態改善は可能です。

 

下歯槽神経麻痺の場合、運動神経ではないので知覚の低下や鈍麻、過敏といった知覚異常が治療対象となるのですが、知覚異常があることによって口周辺の動作が上手くできなくなる方が多くいます。

本来なら知覚を頼りに動作を行いますが、その目安になる知覚がなくなってしまうので、しゃべったり水を飲んだりといった日常動作が上手くいかなくなるのです。

 

下歯槽神経麻痺ではマッサージも併せて行います

また、動作が上手くいかないということは筋肉がきちんと使われていないということです。そのため、麻痺が長引いている患者様の表情筋が短縮を起こしてしまい、表情が歪んだり浮腫んでしまうといった2次的な症状を作ってしまうのです。

当院はもともと顔面神経麻痺なども専門に行っている治療院なので、知覚的な症状と運動的な症状どちらに対しても有効な治療を行うことができます。

 

安心してご来院いただけるよう初回限定割引を用意いたしました

 

あと一歩、鍼治療に踏み切れない方のために、下歯槽神経麻痺治療の初回限定割引を用意しました!

来院時「ホームページ割引を見た」とお伝えください。通常2000円かかる初診料が無料となります。

 

麻痺は放っておいては治りません。

きちんとした治療とリハビリがとても大切です。
2次的な症状を防ぐためにも、早めの治療を行ってください。

受け身でない積極的なケアを行っていきましょう。